芸能人や海外セレブの妊娠線事情!テレビで輝くプロたちは…

芸能人や海外セレブも予防に取り組んでいます

妊娠線芸能人母と赤ちゃん

いまやインターネットであらゆる確かな情報を入手できる時代です。そして、芸能人も海外セレブもモデルも、私たちと同じ女性です。いくらテレビや撮影のプロとはいえ、妊娠線はできるはず。いったいどのように予防をしているのか気になりますよね。物凄い金額をかけて、びっくりするようなビップなスキンケアをしているのでしょうか!?もしかして、妊娠線ができない魔法のような飲み薬とか…!!芸能人の女性たちも、ブログ等で妊娠中の様子や子育ての様子など、様々な出来事を更新されていますので調べてみました。

調べましたところ、日本の芸能人や海外セレブの皆さんも、私たちと同じように妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルを使用したり、体重制限をしたり、日々あらゆる努力をされているようです。それもそのはず。現在の医学では、妊娠線を絶対にできないようにするための有力な方法は無いと、皮膚科医の皆様が仰っています。なので、芸能人たちが飲んでいる魔法の妊娠線ができないサプリ☆…そんなものは無いのです。しかも、できてしまった妊娠線について、完全に消す方法も無いと言われています。そして妊娠線ができてしまう確率は、二人に一人以上なので50%以上です。このように恐ろしい妊娠線を、テレビのプロたちが毎日の予防を頑張らないわけがありません。もちろん毎日数万円のエステに通っている方も、もしかすると居るかもしれませんが、、今回は私たちと同じようにコツコツと努力をされてきた女性芸能人や、その予防法、また、妊娠線があってもポジティブでかっこいい海外セレブなどをご紹介いたします。

妊娠線予防クリームやオイルを使用していた芸能人たち

梨花
紗栄子
市井紗耶香
木下優樹菜
美香
ユンソナ
星玲奈
東尾理子
スザンヌ
hitomi
インリンオブジョイトイ
後藤真希
潮田玲子
蛯原英里
井上和香
小倉優子
小畑由香里
山田優
ほしのあき
瀬戸朝香
AKINA
千野志麻
秋山莉奈
森貴美子
きょう
釈由美子
友利新
優木まおみ
小森純
森崎友紀
佐田真由美
安達祐実

こんなにたくさんの綺麗な女性芸能人やモデルの方々が、皆さん揃って、私たちと同じようにコツコツと努力されていました♪予防クリームのみ、予防オイルのみ、また、予防クリームと予防オイルをダブルで使用している方もたくさんいらっしゃいます。使用している商品の使用方法に特別な記載の無い限り、通常はクリームを塗ることで有効成分を浸透させ、その後にオイルで上から蓋をするという方法ですよね。他にも、朝はベタつきが気になるためクリームでケアし、夜、寝る前はオイルたっぷりでケア…このような使い分けをしている方もいらっしゃいました。また、四六時中塗り塗りしていた方や、お風呂場、洗面台、トイレ、バッグの中、至る所にクリームやオイルを置いておくというものも。とっても参考になりますよね!プロとして美意識の高い女性芸能人たち、さすがです!クリームとオイルの両刀使いを読んだ時点で既に口が半開き、その後は開きっぱなしの私でしたが…そんな私の美意識レベルは…いけませんね(^-^;

妊娠線なんて気にならないわ…クールな海外セレブたち

Halle Berry
(ハル・ベリー)
Angelina Jolie
(アンジェリーナ・ジョリー)
Cindy Crawford
(シンディー・クロフォード)
Jessica Alba
(ジェシカ・アルバ)
Kate Winslet
(ケイト・ウィンスレット)
Lady Gaga
(レディー・ガガ)
Reese Witherspoon
(リース・ウィザースプーン)
Jennifer Lopez
(ジェニファーロペス)
Scarlett Johansson
(スカーレット・ヨハンソン)
Britney Spears
(ブリトニー・スピアーズ)
Shakira
(シェキーラ)
Miranda Kerr
(ミランダカー)

こちらの海外セレブたちは日本でも超有名な方々ですね。中には妊娠線の予防をしていた方もいらっしゃいますが、皆さん、バスト、腕、お腹、腰、ヒップ、太もも等、全身のあらゆる部位に妊娠線があるセレブたちです。そして妊娠線があることに対し非常にポジティブシンキング!「女性として妊娠線は誇りに思う」「モデルでもモデルじゃなくても、妊娠線があっても無くても、全く気になりません」などと仰います。女性としての自信に溢れていて素敵です。もちろん彼女たちは平気で胸元が大きく開いたドレスや、面積の小さなビキニなどを着て撮影を行いテレビにも出演され、妊娠線丸出しです。私の全開の口は閉じません(笑)不思議と彼女たちの内側から輝くキラキラしたオーラばかりに目を奪われ、妊娠線なんて、どうでもいいか。。なんて感覚に陥りましたが!私はいたって普通の一般人ですので彼女たちのポジティブシンキングを拝借しつつもクリーム&オイルの両刀使いを駆使して妊娠線予防にしっかり励まなければいけません(笑)

他にもプロならではの努力がたくさんあります

ここまでたくさんの素敵な女性芸能人たちをインターネット上で拝見してきましたが、とにかく皆さんとっても細いんですね。プロなんだから当たり前でしょっ!と、言ってしまえばそれまでではありますが、皆さん本当に妊婦さんとは思えない体型の方ばかりで、臨月の方々も言われなければ、ワンピースやオーバーオール…(古いでしょうか)のようなファッションでは妊婦さんにすら全然見えなかったりします。さすがに私の周りのお若くて綺麗なママたちでも臨月には多少はポチャッとしていましたよ。お腹の中の赤ちゃんの分、3kg程度しか増えていないのではないかと…。もともと太らない体質の方もいらっしゃるのでしょうし、職業柄食事の管理は徹底されているのでしょうが、同じ女性ですから妊娠中はホルモンバランスにも変化がありますし、そのうえ食欲も増します。お腹も大きくなってかなり負担がかかるはずなんですが、ストレスなどは大丈夫なのでしょうか。大きなお腹でビキニを着られて浜辺でバーベキューをしている姿も。芸能人の皆さんの徹底された体重管理に、私の顎がもうそろそろ外れるのではないでしょうか(笑)

妊娠線の豆知識

妊娠線とは、皮膚が伸ばされることで皮膚の奥の組織が切れてしまったもので、腕、胸、お腹、腰、太もも、ふらはぎなどにできてしまいます。できてしまう確率は半分以上です。要するに、皮膚が伸ばされなければいいのです。お腹と胸は妊娠中大きくなりますが、体重管理を徹底すること。それだけで、お腹と胸以外にできてしまう妊娠線を避けることができます。また、皮膚の奥が断裂してしまうのは、その組織の柔軟性が低いため。皮下脂肪が厚いとそれだけで、より柔軟性は低くなりますので、妊娠線もさらななできやすくなります。芸能人の皆さんはもともと皮下脂肪があまり無い上に、徹底された体重管理によって新たな皮下脂肪も付きにくく、妊娠線はできにくいでしょうね。もともと運動不足や太りぎみなどで皮下脂肪の多い方は体重管理を徹底しなければいけません。また、細めだけど運動不足の方。そんな方は皮下脂肪が付きやすい状態です。太りぎみの方と同様、体重管理を徹底しましょう。

芸能人・海外セレブの妊娠線調査でわかったこと

芸能人も海外セレブも一般の女性たちも、みんな同じ女性でありました♪だから、「コレをすれば妊娠線は絶対にできません」といった商品もエステも薬も無い、今この現状では、芸能人も海外セレブも、一般人と同じように、「食事管理・体重管理・妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルによるスキンケア」により、日々努力をされていました。

しかし、その妊娠線予防に対する努力や自己管理などは非常に徹底されていて、そこはさすが、テレビに出ているプロです。また、妊娠線があることで屈しない満ち溢れた自信も、女性としても母親としてもプロとしても、日々本気で頑張っているからこそ湧き出てくるものなのかなぁなんて、感じました。口は開きっぱなしでしたが、参考にしたいことばりです!!