太股妊娠線ができた!目立つ!予防対策&消し消し対策!

妊娠線太股女の子もも

太もも妊娠線はできやすい上に目立つ

妊娠線太股家族

体のあらゆる部分にできうる妊娠線ですが、太股に妊娠線ができてしまったママは、他の部位にできてしまったママよりとっても多いです。太股妊娠線ができる可能性は高いと言えます。近年話題の妊娠線予防対策のひとつなや妊娠線予防クリームを使用した対策も、妊娠によってお腹が大きくなると太股へは非常に塗りづらくなり、たっぷりしっかり塗れないママも。そのうえ、みなさん各々のファッションスタイルによって個人差はありますが、ショートパンツ・ミニスカート・スリット入りスカート・水着など、お腹よりも隠しづらいファッションが多いですよね。

そこで今回は、妊娠線が太ももにできてしまってお困りの方や、太もも妊娠線を本気で予防したいと思われている方へ向けて、太股に妊娠線ができやすい理由を知ることで、予防対策や、できてしまったらどうすれば綺麗になるのかなど、太股妊娠線について詳しくご説明いたします。

妊娠線のメカニズム

妊娠線ができてしまうメカニズムです。
妊娠をすると、お腹が大きくなることで、その分の皮膚が伸ばされます。また、ホルモンバランスの変化により食欲が増し、太ることにより、皮膚が伸ばされます。これらの、皮膚が伸ばされる時に、ハイスピードで伸ばされてしまったり、ハイスピードでなくても、あんまりたくさん伸びすぎてしまった時、皮膚の中にある柔軟性の無い組織が、耐えられずに断裂してしまいます。断裂するのは皮膚の表面ではなく、皮膚の深いところの組織です。これを妊娠線と呼びます。ちなみに、妊娠線と同じ症状ですが、妊娠中ではなく、成長期、過食、筋肉増加などが原因の場合は、肉割れと呼ばれています。

・お腹が大きくなること
・体重が増加するこ

これらの皮膚が伸ばされる原因以外にも、妊娠中は、ホルモンバランスの変化により、皮膚のコラーゲンが減少し、乾燥し、余計に皮膚内部の柔軟性を低くしてしまいます。また、大きくなった子宮に骨盤等が圧迫され血行が悪くなると、栄養が皮膚に届きにくくなる分、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルが乱れがちになり、皮膚内部の柔軟性に必要なコラーゲン生産機能も上手く働かなくなってしまいます。さらに、妊娠中の運動不足や体重増加により皮下脂肪が増えると、皮下脂肪は皮膚内部の組織なので、皮下脂肪が厚ければ厚いほど、皮膚内部の柔軟性が低くなります。

このように、妊娠中は、妊娠線ができる要因として、様々な条件が揃ってしまいやすいのです。

太もも妊娠線ができやすい理由

たくさんのママが、できてしまった太もも妊娠線に悩んでいられると思われます。太ももには妊娠線ができやすいんですね。太ももに妊娠線ができやすい理由をまとめました。

・もともと皮下脂肪が付きやすい部位
イメージしてもらえると思いますが、日本人は、遺伝的に洋梨体型の方が多く、下半身のお尻や太股に皮下脂肪が付きやすいため、産前からもともと太股に皮下脂肪が厚い場合も多いです。皮下脂肪が厚いと柔軟性が低くなるので、妊娠線はできやすく、妊娠線の深さも深くなりやすいです。

・新たな皮下脂肪が付きやすい部位
上記同様、日本人は遺伝的に洋梨体型タイプの方が多いので、妊娠中の体重増加は付き物ですが、その際に、下半身、太もも等に皮下脂肪が付くことで皮膚が伸ばされます。

・大きなお腹を支える筋肉増加
お腹が大きくなるのことで、体を支える重心が変わったり、支える上半身が重くなることで、足腰にかかる負担も増えるため太股の筋肉が増大し、皮膚が伸ばされます。

ですので、妊娠線ができやすい部位のトップクラスとは言い方がよろしくありせんが、大きくなるお腹、大きくなるバストに続いて、太股も妊娠線が非常にできやすい部位と言えます。

太股妊娠線ができてしまったら

・予防をしていたママ
予防をしていたにも関わらず、太股妊娠線ができてしまった方は、焦らず諦めず、予防を続けましょう。予防を続けることで、症状の悪化や、新たな妊娠線を最小限にとどめる効果が期待できます。また、今まで予防をしてきた努力も無駄ではなく、後々お肌の劣化加減や見た目に必ず現れます。一般的な保湿クリームで保湿していた方や、妊娠線予防クリームに変更しましょう。妊娠線予防クリームは、保湿効果はもちろんのこと、お肌を柔らかくする成分や、皮膚の健康をサポートする成分などが配合されいて、それらの有効成分を皮膚の深いところへ届けるために工夫され作られています。

・予防をしてこなかったママ
予防をしてこなかったママは、妊娠線の修復作業(赤紫色から白銀色に変わる期間)のサポートをするために、妊娠線に気付いたその時から、なるべく早めに予防を始めましょう。妊娠線ができてしまっても、早めのケアにより、症状の悪化や新たな妊娠線をできる限り最小限にとどめる効果が期待できます。また、妊娠線、しわ、たるみ、ハリなど、産後のお肌の見た目に差が出てきます。

・長い期間放置していたママ
太股は皮下脂肪が付きやすく妊娠線ができやすいので、これ以上増やさないためにも、体重増加には気を付けましょう。そして、まずは妊娠線予防クリームを試しましょう。有効成分によって肌の血行改善、保湿効果、ハリが出てくるなど、皮膚を健康な状態にすることで、妊娠線が目立たなくなる事例がたくさんあります。

・何をしても改善が実感できないママ
改善が実感できない場合は、美容皮膚科や美容外科など、医療行為ができるクリニックなどで、炭酸ガス治療(炭酸ガスメソ)という方法があります。炭酸ガス治療はフランスなどで昔から行われている妊娠線改善の治療法です。妊娠線として断裂してしまった皮膚の奥野組織(真皮)へ直接炭酸ガスを注射することで、真皮のコラーゲン作りを活性化させる方法です。コラーゲン作りが活性化によって皮膚の生まれ変わりを促し、妊娠線を改善します。歴史が古いため確かな実例が豊富にあることと、レーザー治療と比べて副作用が特に無いことで、近年着目されている妊娠線治療法です。健康保険適応外のため、金額や通院回数など、事前によく確認してください。ちなみに、このように高いお金をかけて医療機関での治療などを行うことになったとしても、予防をしていて場合は妊娠線の深さや通院回数に差が出てきますので、妊娠線予防は大切です。

できる前の予防方法と気を付けること

・体重管理
体重が急激ではなく少しずつ増えることで皮膚への負担を軽減しましょう。体重増加量があまりにも大きくならないように気を付けましょう。

・少しずつ適度な運動
無理のない適度な運動で、皮下脂肪が厚くなるとを予防しましょう。加えて、焦らず少しずつ行うことで、急激な太ももの筋力増加を防ぎましょう。太股への急激な負担にならないため、お腹が大きくなる前から始められると、なお良いでしょう。血行が良くなることも皮膚の健康に効果的です。

・食事と睡眠
バランスの良い食事を心がけることで、ホルモンバランス、情緒不安定、皮膚の健康をサポートしましょう。また、寝付いてから三時間に皮膚の成長ホルモンがたくさん分泌されるため、質の良い睡眠を心がけましょう。

・皮膚のケアに妊娠線予防クリーム
妊娠線予防クリームを塗りましょう。妊娠線予防クリームは、妊娠線のメカニズムに着目され作られているため、妊娠時に減少してしまうコラーゲンをはじめ、保湿、血行、ターンオーバー、浸透などに有効な成分が豊富に配合されていて、妊娠線の予防に非常に優れています。また、つわり時の匂いに敏感なことや、妊娠時に多い痒みなどの肌トラブルなどにも考慮されているのでオススメできます。ちなみに、超敏感肌の方や、アトピー性皮膚炎の方、または自然派ママにはバージンココナッツオイルもオススメです。

・後期に入ると塗りにくい
一番気を付けてほしいと思うことです。一般的に、だいたい妊娠6ヶ月頃から徐々にお腹が大きくなると言われていますが、妊娠8ヶ月頃から急激に大きくなります。この時期になると、あらゆる体勢が辛くなってくるので太股に手が届きにくくなったり、大きなお腹で太股がよく見えなくなってくるため、妊娠線予防クリームをしっかり塗れなくなりがちです。是非、パパや誰かに塗ってもらう、鏡を見ながら…などなど、工夫をしてしっかり塗りましょう。